仕事やめて上京した人のブログ

19歳で仕事をやめて単身リュックサック1つで上京。家なし、貯金500円の生活をブログで公開していきます。

仕事やめて上京した男のブログ

There is always light behind the clouds.

【#1】18歳が仕事をやめた理由とその後。

 f:id:gagagakun:20170614105242j:image

突然ですが、

4月に入社した会社をやめました!

2か月ほどしか続かなかったはじめての仕事でしたが、

やめて良かったと心から言えます!

なぜそう言い切れるのか・・・

そして若い方で仕事を辞めたいと思っている人の力になれたり、

共感してもらえる部分があったらいいなと思って書いた

なぜ仕事をやめたのか、辞め方について

f:id:gagagakun:20170614105300j:image

その職場について

地元にあるフツーの高校を卒業し、大学にいくつもりだったが受験勉強の途中で勉強が嫌いになってしまい就職することに。職業は「介護」を選んだ。そして地元にある職場についた。人間関係はそれなりに良かった。当然だけどはじめてから1ヶ月はそこそこ楽しかったし、「自分で選んだ職業なんだからがんばらなきゃ」と思っていた。

 

ストレスとの戦い

それから数日たったくらいから特に理由はないけれど全てのことがストレスに感じるようになった。もちろん仕事をする上でストレスは避けて通れない。いわゆる「五月病」ってやつ。まだ仕事をやめて数日だが改めて考えると「めんどくさい」って思ってただけ。そしてそのストレスが爆発したのが「初給料日」だった。もともとその日が仕事を続ける上でのモチベーションになっていたのが相まって燃え尽きてしまった。

そして退職

その後数日間は仕事にいくのだけれど、その後すぐに「体調不良」という嘘をついてズル休みしてしまった。もちろん迷惑がかかることなんてわかっていたけれど当時の僕にはどうでもいいことだった。休んでいる間にいろいろ考えたけれどやっぱり「自分のやりたいことがやりたい」と思って、「よし、やめよう!」と決断したのである。で、その辞め方なんだけど、、、

バックれました!

先輩にラインを一言だけ送ってあとは放置。返信もみないし職場からの電話もいっさい取らない。加えて自宅にいるといずれは職場の人間が来る可能性が高いと思って場所を変えることに。行き先は、、、

どうせなら東京行くか!

もともと東京には行きたかったし、地元からも離れているし、時給も高いから「なんとかなるっしょ!」って思ってすぐに仕度をすませて出発した。

その後について

東京に来て、観光して、人生初のパチンコをやって、勝って、負けて、貯金500円になって、ネカフェ難民になって 、アルバイト生活へ。まぁ普通の人からみれば底辺の生活をしているけれど、それなりに楽しいからいいや。大事なのは仕事をやめるっていうことはそれくらいのリスクがあるっていうこと。

 

仕事をやめるメリット・デメリット

f:id:gagagakun:20170614105458j:image

若い人が仕事をやめるときに生じるメリット・デメリットについて

メリット

  1. お金・人間関係・業務など、すべてのストレスから解放される。
  2. 時間を自由に使うことができる。
  3. 新しいこと、やりたかったことにチャレンジできる

仕事をやめるにあたってまずはメリットを知っておこう。ここに挙げたほかにも多くあるかもしれなが、僕が特に感じた3つを説明しようと思う。まずは1だが、これが一番大きいし「やめたい」という考えも多くの場合ここから生じている。前の見出しでも書いたが、仕事をするにあたってストレスは避けては通れない。しかしやめたときは本当にスカッとする。2・3はほぼ同じ意味合いである。なにかやりたいという感情が「やめたい」と思う要因になることもある。

デメリット

  1. 安定した収入を得られなくなる。
  2. いままで積み上げたキャリアがなくなる
  3. 地域や周りの人間に噂される。

デメリット、特に1、2については慎重に考えろ・・・と言いたいところだが、これを読んている人がもし一般的に「若い」と言われる年齢なら「なんとかなる!」と正直に言おう。根拠などなにもないし、僕は今数万円の借金を負っているし、ネットカフェ生活だが快適に過ごせている。そして重要になるのは3だ。せっかくストレスから解放されたのにこれでは意味がない。これは地域性も大いに関係している。僕の地元はそういうところだった。

退職することに対しての考えとまとめ

f:id:gagagakun:20170614105315j:image

いやなことからは逃げてもいい

これは少数派の意見かもしれないが、仕事が耐えられないくらい嫌になっているのなら 逃げてもいいと思う。気持ちもそうだし物理的にも。そして行きたかった場所に行き、本当にやりたかったをするべきだと思う。何かに縛られてやりたいこともできない人生なんて、「それ本当に君の人生?」って言いたくなるし、誰にどんな迷惑をかけようがどうせ自分はいつか死ぬわけだからよく考えるとどーでもいいことなんだよね。生きる意味、人生とは、なんてことを考えるから仕事もやめれないし逃げる選択もできない。逃げるのが恥ずかしい?「ふざけんな」って感じだね。嫌なことから逃げて逃げて楽しいことだけやってる方がいいに決まってる。そして何かモヤモヤしてる気持ちっていうのはいつか必ず君を苦しめる。だから君の「今」やりたいことに集中するべきし地球視点から見たら君の「仕事のストレス」なんてほんの小さな石ころ、みたいなものだ 。だから仕事なんかやめて、、 、

本当にやりたいことをやって死んで行こう!